読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宵の明けやみ

ポの構築記事

シーズン17使用構築(最高最終2220) ヘラ&サナクレセドラン

f:id:mayoipoke:20160913015316p:plain

 

真宵です。6世代最終シーズンお疲れさまでした。

僕は前期同様ヘラクレセドラン構築で潜っていました。

PTは前期とほとんど同じですが、サーナイトがゲンガーと

同じ役割を持てるのではないかと考えゲンガー→サーナイトと変更しました。

 

・個別紹介

ヘラクレセドランボルトは変更点なしなので前回の記事と照らし合わせながら
見ていただけると幸いです。

mayoipoke.hatenablog.com

 

※以下常体

PCからの更新。

f:id:mayoipoke:20160529045423g:plain

ヘラクロス@ナイト 意地157(12)-258(236)-136(4)-*-126(4)-127(252)
ミサイルばり ロックブラスト 地震 身代わり ※メガ前特性根性
 
前回同様身代わり搭載ASメガヘラクロス

身代わりはカバルドンのあくび、キノガッサモロバレルの胞子、ロトムの鬼火などの

遅いポケモンの状態異常技を空かすのに重宝する。

またクチート対面では交代読みはたき落とすを撃つ人も一定数いることから

すぐに引かずに身代わりを張って様子見することも可能。

 

f:id:mayoipoke:20160529045807g:plain

クレセリア@ゴツメ 図太い227(252)-*-189(252)-95-151(4)-105
れいとうビーム 毒毒 電磁波 月の光

こちらも前回同様。耐久崩し、対ガブマンダへの処理速度を考えると

この技構成が最もよいと考えている。

今回はゲンガーがPTから外れてしまったため、

ガルーラはほぼクレセリアだけでしか見ることができなくなってしまったのが苦しかった。

 

f:id:mayoipoke:20160529045829g:plain

ヒードラン@残飯 控えめ192(204)-*-126-176(76)-127(4)-125(220)
マグマストーム 大地の力 鬼火 挑発

こちらも前回同様。主な役割はヘラクロスに繰り出される飛炎超妖タイプ受け。

ファイアローを考えるとマグスト大地は確定、瞑想ニンフィアを考慮しての挑発。

挑発はポリゴン2やクレセリアのトリル月光乱舞阻止に対しても有用だった。

Sを準速ガッサ+3まで振っているので遅いガルーラに上から鬼火を撒くこともできる。

耐久はHに振っただけなので数値受けに期待はしないこと。

 

f:id:mayoipoke:20160529045853g:plain

ボルトロス@オボン 図太い184(236)-*-132(236)-145-101(4)-135(32)
10まんボルト めざめるパワー氷 電磁波 悪巧み

こちらも変更なし。

ボーマンダファイアローに対しての引き先であったり電磁波S操作をしたり。

その他のクッションとしても優秀。

スイクンがいても自然と選出していた。

 

f:id:mayoipoke:20160428020741g:plain

ガブリアス@スカーフ 意地183-200(252)-116(4)-*-105-154(252)
逆鱗 地震 ストーンエッジ ステルスロック

PTが中速以下のポケモンで構成されているため高速アタッカーが必要。

火力を重視して陽気にはせず意地のままとした。

細かい変更点は寝言→ステルスロックとした点。

PT的に誘う炎飛行によく刺さっていたが、使い方をあまり理解してなかったせいか

撒けた回数は3回くらい。

 

f:id:mayoipoke:20160913015450g:plain

サーナイト@ナイト 臆病155(92)-*-87(12)-204(148)-156(4)-167(252)
ハイパーボイス サイコショック 道連れ アンコール

※A192メガガルーラの秘密の力、A200ガブリアス地震確定耐え
 C222メガゲンガーシャドーボール最大乱数以外耐え

ヘラクロスの苦手なゲンガーサザンドラ、そしてボーマンダ(メガシンカ前)などに

対抗できる枠として今回はサーナイトとした。

(C振りメガゲンガーヘドロばくだんは非考慮気味の立ち回りをしていたので反省)

メガシンカ前は特性トレースによりボーマンダの威嚇、バシャーモの加速、

雨パのすいすいなどを奪い有利対面を作ることができた。

この型についてはこの方の考察を参考にさせていただいた。

<きたみさんhttp://blog.goo.ne.jp/happyand72/e/1b2276d3fe508fd3ae378454e0d53fb1

アンコ道連れの縛り性能の高さを身をもって体感した。

道連れすかしで補助技ををしてこようものならアンコールしてハイボショックで崩すことが
できたのがこのポケモンを使ってて最も強いと感じた点だった。

とにかく制圧力が高いポケモンなので役割対象は多岐にわたる。

鋼に対しては有効打がないが道連れで1:1を狙うかヒードランに引けばいいので
問題はあまりなかった。


選出パターンはメガ枠のヘラorサナ+クレセ@1。

ヘラクロスの通りがいいときはなるべくヘラ選出を多くしていたが、

ゲンガー入り構築が大半なことと、サーナイトの性能の高さによる選出のしやすさから

サーナイト選出の方が自然と多くなった。

 

 

最終結果
TN:IoyamoTasaya 最高最終2220 93勝38敗 6位

f:id:mayoipoke:20160913061006j:plain

XYのシーズン2からずっとレートに潜ってきて初めて最終1ページ目に載ることができました!

本当にうれしいです。

6世代レートはこれで終わってしまいますが、7世代でも引き続き

潜っていくつもりなので次世代でもよろしくお願いします!

ここまで閲覧していただきありがとうございます。

なにかありましたらコメントか@までお願いします。